四国で金融業界のU・Iターン転職をお考えの方へ 四国に精通したキャリアアドバイザーが、納得の転職を支援します。

取引企業 600

取引企業一覧

四国の金融業界が
中途採用を強化している理由は?

政府の地方創生

愛媛、香川、高知、徳島の地方銀行、信用金庫、信用組合などの金融機関では、日銀の金融政策、持続可能な収益維持を軸とした金融庁の監督指針、政府の地方創生や規制改革の政策などで地域の経済の成長に寄与することを目的とした中途採用計画が進んでいます。

経済のグローバル化

地域経済は縮小の傾向がありながらも、経済はグローバル化していくという地域の顧客ニーズ応えるため、地域産業の特色に応じた業界毎のスペシャリストの採用を強化しているからです。

四国転職netが
四国の金融業界に強い理由は?

四国で創業 四国に特化 四国の雇用情勢と企業情報に精通

四国転職netを運営するアビリティーセンター株式会社は、1986年創業で、愛媛県松山市、新居浜市、香川県高松市、高知県高知市、徳島県徳島市の5拠点を有する人材総合サービス企業です。
創業より四国に本社があり、四国の地域産業発展のために事業を展開している企業へ人材サービスを提供して参りました。

その企業の中には同じく四国地域の経済発展に貢献する地方銀行をはじめとした金融機関や信用組合なども含まれています。地域産業の発展という同じ目的を共有する金融機関と、ふるさと振興などの活動を通じて、四国転職netが地域に貢献できる活動を考え続けているからです。

こんな方に
おすすめ

メーカー勤務
経験者

四国の瀬戸内沿岸には、重工業、石油化学、化学工業、パルプ紙工業、電子機器製造など、日本有数のメーカーが多数存在します。製造工程管理、生産管理、業務改善、素材購買などの経験が金融機関の取引先であるメーカーから生産効率向上や製造コストダウン、新規商品開発などのコンサルティング業務を期待されています。

証券・生保損保業界
経験者

日本版ビッグバンから始まった金融サービスの多様化は、地方の金融機関にも浸透しました。証券会社(証券外務員)、生命保険会社、損害保険会社に勤務経験がある方は、投資信託や保険などの金融商品の知識を地方銀行の法人や個人のお客様に対して活かすことができます。

企業キャリアアドバイザー

海外駐在経験のある方、地方創生(PFI)のプロジェクトを手がけた経験がある方、M&A業務経験のある方、企業の海外進出や輸出入サポートの経験がある方、メガバンクで以上の業務経験がある方は、四国の地元企業から事業拡大のサポートを期待されています。

士業有資格者

弁護士、公認会計士、税理士の有資格者の方で、コンプライアンスや企業会計の専門知識を有する方を、四国の金融業界のサービスがより効果的、効率的に活きるよう、主に地方銀行や信用金庫で人材が求められています。

ITエンジニア
(SE/PG)

金融規制緩和で販売できるようになった投資信託や生命保険、損害保険といった外部商品や、それらと従来の金融商品を組み合わせた複合商品の販売管理による勘定系システムの改変や導入は急務ですが、四国の金融機関ではIT技術者が不足しています。四国へのUIターン転職を検討しているエンジニアの方は、地方金融というフィールドで活躍できる良い機会です。

こんな方が活躍されています。

Tさん(27歳)徳島県出身

考えていなかった3度目の転職活動 営業一筋から三度目の転職。金融業界で活躍中

これまでに3社での勤務経験がありますが、ずっと営業関係の仕事をしてきました。前職は、雇用条件が最初に提示された条件と合わないから転職を考えました。職業紹介エージェントに紹介された仕事は求人情報の信憑性があり、安心して仕事を応募できました。また応募書類の書き方、キャリア形成についても多田さんと相談でき、私は在職しながら転職活動でしたが、面接の日程調整など本当に助けてもらいました。

今は、中小企業向けに設備導入に関するするコンサルティング業務をしています。メーカーさんは設備がなかったら仕事ができません。ですので、メーカーさんにとって設備は事業継続に必要なリソースです。今までの会社は仕事が終わったらご縁が切れるところが多かったのですが、今の仕事は一社と取引したら長年付き合っていきますので、役に立てている実感があります。やりがいのある仕事です。

これからは自分の担当地区を持てますので、実績を残して担当地区の活性化に貢献したいと思います。

採用担当者インタビュー
採用担当者インタビュー冊子

\金融業界の転職に役立ちます/

株式会社伊予銀行は愛媛県を中心に瀬戸内圏域で強固な経営基盤を有し、自己資本比率の高さなどは例年全国トップクラスでランクインしている地方銀行です。その伊予銀行の採用担当者に「中途採用を強化した理由」「求める人材像」「どんな人材が活躍しているか」などをインタビューいたしました。