香川ボランティア協会 中村さん

VOICE 03 香川ボランティア協会

中村 さん

資格をもって一生の仕事に就きたいと、働きながら資格を取れるアビリティーセンターで福祉の道を選んだ中村さん。
最初はびっくりの連続でしたが、今では楽しくて仕方がないそう。

資格をとって、
一生働ける仕事に出会えました

介護の仕事に特別な思いがあった訳ではなく、資格を持って一生の仕事ができるには介護の道が一番近道だと思い、やってみようと思いました。
全く知識もなかったので、「介護=お年寄り」と思っていました。アビリティーセンターの方と面接をした時に障害者施設で働くという道もあるよ、と教えていただきました。
実際、障害のある方と今まで関わったこともなかったので、不安はありましたが、アビリティーセンターの方に「こっちの道に進んだらこんな感じだよ」などアドバイスをいただき、資格取得に向けて、学びながら現場で研修を受けました。

正直、初日はびっくりの連続でした。でもこの仕事が無理だと思ったことは今までありません。
びっくりはありましたが、そこはやっぱり周りの先輩の力ですね。同じ障害でも支援の仕方は違い、同じ子供でもうまくいく時といかない時があり、そういう時は悩みます。
周りのスタッフの皆さんも同じことを感じていたりするので、みんなでどうしたらいいかなどを相談をし、日々話し合っています。
自分の知識と経験を積んでいくしかありません。

中村さん

資格取得に向けて、学びながら現場で研修

働きながら資格を取れる介護雇用プログラムがアビリティーセンターにはあったので、アビリティーセンターさんにお世話になることにしました。働きながら資格を取れるところはなかなかありません。

研修を一緒に受けた時の仲間には、利用者さんの介護とか支援などの苦労が理由で辞めていく人はいません。スタッフとうまくいってるかがほとんどの悩みです。
仕事と割り切ってる人から楽しんでる人まで色々いますが、賃金と人間関係でやめる方はいても、仕事内容でやめる方はいません。

アビリティーセンターさんは、働き始める前に、施設側と研修生の顔合わせ含めた食事会が開かれ、話す機会があり、これからお世話になる施設の方とお話する機会を与えてもらました。研修期間中に勉強をし働きながら、研修先の施設が自分に合うか見極めることができる時間を与えてもらえありがたかったです。
施設も色々あり、自分の相性と合う施設で働けるかで変わってきます。
この施設をアビリティーセンターさんに紹介していただき、感謝しています。

同じことは二度と起きない毎日で新鮮っ