廣瀬製紙株式会社

廣瀬製紙株式会社

会社概要

1954年に創業者の故・廣瀬晋二は京都大学高分子化学研究室と共同研究にて日本最初の合成繊維ビニロンを用いた機能紙(湿式不織布)の開発に成功し、その成果を基に1958年に廣瀬製紙を設立しました。
その後、電池メーカーとアルカリ乾電池用セパレータの共同開発に取り組み、創業以来常に世界最高の技術を保つことで、性能・品質面で他社を凌駕し国内トップメーカーに成長しました。

現在、世界一薄い抄紙技術(2g/m2ポリオレフィン繊維100%)を有し、海外市場からも高く評価され、海外売上比は65%以上を占めるグローバル企業です。

また、注目されている先端技術のナノファイバーの開発に取り組んでおり、2007年に独自設計によるエレクトロスピニング法ナノファイバー紡糸装置を開発しました。応用分野として次世代リチウムイオン二次電池用セパレータ、高性能エアフィルター、医療分野等の開発に取り組み、大きく飛躍することを目指しています。

2016年「高知県地場産業大賞」大賞受賞
第8回「ニッポン新事業創出大賞」最優秀賞受賞
第3回「ものづくり日本大賞」経済産業大臣賞受賞
2008年「四国産業技術大賞」産業振興貢献賞受賞
2008年「明日の日本を支える元気なモノづくり中小企業300社」受賞

≪本社≫ 高知県土佐市高岡町丙529
≪設立≫ 1958年 準備中です

募集中の求人情報