転職者インタビュー

米田 沙樹

INTERVIEW

株式会社サニーマート

森松店
惣菜担当リーダー

米田 沙樹 様

高知に帰りたいという想いと会社の理念に共感して転職、未経験からリーダーとして新たにチャレンジ中。

地元高知で働きたいという想いでサニーマートに転職。

サニーマートに入社して、4月でちょうど1年になりました。それまではシティホテルで接客の仕事をしており、松山で一人暮らしをしていたのですが、地元高知に帰りたいという想いが強くあったので転職を決意しました。

転職するにあたっての条件は地元高知で働けるのが第一で、実はそれ以外のことはあまり考えていませんでした(笑)。接客の仕事は嫌いになったわけではなく、人のためになる仕事というのは自分がやりたいことでもあったので、「人を大事にしたい」という想いは持っていましたね。


「働きやすく、女性が活躍している」という母からの勧め。

元々母がサニーマートに併設されているクリーニング店で働いており、従業員さんと話をする中で、働きやすい職場で、女性が活躍していると感じていたようです。高知でも有名な企業でもあるので、せっかく転職するのならサニーマートはどう?という母の勧めがあったことが大きいです。


会社が大事にしていることと、自分が大切にしていることが共通していた。

きっかけは母でしたが、お客様目線に立って仕事をしていくという理念は自分が大切にしていることと通じるものがありました。また、「スーパーといえばレジ」というイメージだったのが、他の部門やジャンルがあり、接客だけだった私が色々挑戦できる機会がサニーマートにはある!と思えたことでこの会社でやりたいことが見つけられそうだな、と思えたことが大きかったです。


働き始めてからは、「自分が」というより「お客様が」「お客様に対して」どう思ってもらえるかを研修や実際の業務を通して学ぶことができました。どうすればお客様に喜んでもらえるか、また来てもらえるかを大事に考えていることが伝わり、本当にお客様目線を大事にしている会社なんだと再認識しました。


未経験からのスタートでも先輩方からのアドバイスで頑張れる。

現在はリーダーという役職でもあるため、主に管理業務を担当しています。売り場作りや発注、従業員の労務管理も行っていますが、管理業務に自分が慣れていない事もあり、思うようにお客様との関わりが出来ていないことを感じています。前職のようにお客様との関わりを大事にしたいと思っています。

日々の業務ではコミュニケーションが不足していると、伝えたいこともうまく伝わらないことも出てくるため、コミュニケーションが重要だと強く思いました。


未経験からリーダーになりましたが、別の店舗、別の部門の先輩に助けてもらったり、同じ部門のメンバーともディスカッションをするなどいろいろな方から助けてもらっています。業務では、スーパーバイザーが「こういう商品はこう売ったらいいよ」「売り場はこういう風にしたらいい」とアドバイスをくれます。


新たなチャレンジを目指し、自分自身も成長したい。

以前から企画の立案や広報など企画販促をやってみたいと思っていました。地域を大事にしている会社なので、一緒に働いている職員と企画をつくり、売り場で表現してみたいです。特にサニーマートでしかできないこと、サニーマートだからできる企画を考え発信していきたいと考えています。

今後もお客様の目線を大事にし、売り上げだけでなく、お客様の為に何を大事にし、何を必要とされているかを学び続けていき、自身の成長にもつなげたいと思っています。

募集中の求人情報